好きな色はみどり

天の邪鬼行進の人生です

高専祭2018のサイトを作りました

高専祭2018のサイト制作を、@mosmos_syrc と担当させて頂きました。

9月下旬から始めて1か月間の製作期間、台風の襲来、停電、断水などが一番辛かったです。学校に充電しに行ってたし、お風呂しんどかったです。

 

こちら、リンクです。いろいろあってgithub pagesで作りました。

nitokfesta2018.github.io

担当したところ

全部です。基本的にお互いが全て担当しました。

完全に任されていたのは、配色とフォントとPC版デザインです。

スマホ版のデザイン、メニューバーの雛形とか、全ページの共通要素を書き起こすのは彼女(@mosmos_sryc)に任せました。

その後からのページ内容の追加や、細かい点は二人で分担して、話し合いながらわーっと書きました。

 

良いニュースだぜ

人生初のGit管理

人生で初めてGithubを2人で使いました。コマンド怖い。masterを吹っ飛ばすこともなく、最後まで使い続けられたのは本当に頑張った点だと思います。コミットメッセージとかはアレだとしても、これからもっと慣れていきたい所存。

使いやすさなどめっちゃ考えた

高専祭サイトを使う人は、基本的には高専生と来場者です。

当日の予定を立てたり、時間が空いた時に今何がやってるか見る、等でやっぱりスマホが主なのかなと思ったので、レスポンシブ対応にしました。

あと、欲しい情報としては、タイムテーブル・クラス企画が優先度高いと判断したので、例年のサイトには載っていないタイムテーブルを生やしました。タイムテーブルページのボタンとかレイアウトとか死ぬほど迷いました。ボタン要素が日付・場所で分かれてても邪魔だし、要素を1つだけにしてもめちゃくちゃスクロールすることになるし、ノンデザイナーなので結構厳しかったです。未だにしっくりきていません。何かいい感じのUIないですか?

もうなんか色々頑張った

実行委員から出された要件(?)が、

「テーマは"ジブ〇"」「スローガンは"高専祭、マジ半端ないって"」

Webサイトは外に出ていくものなので、著作権に引っかかりそうなあいつら(トト〇とか)は使えないし、スローガンはテーマと合わないし、Topページが一番つらかったです。テーマと合ったスローガンを提示するか、スローガンに合ったテーマを提示してください。お願いします。

反省するべきニュースだぜ

Vue.js使いたかった気持ちはあった

当初はVueの風が吹いていたのですが、サーバ担当(のはず)の局長さんがサーバ構築出来さそうな雰囲気を醸し出していたため静的サイト制作になりました。いつかのタイミングでVueの風を吹かせたいです。

サーバサイド勉強したい

今回のサイト制作では、サーバサイドに関しての知識がないせいで苦労したので、やっぱりサーバーに関しての勉強したい気持ちが高まりました。github pagesさんありがとう。

サイトに繋がりにくかった

最初は、実行委員が提案したこちらのサーバでした。

さくらのレンタルサーバ

公開した後に、「繋がりにくい」との声を多数受けたので、こちらで公開することになりました。制作者は宣伝してましたが、学内の全体メールで周知されなかったり、実行委員の方が何かしら言ってくれてる様子もなかったので、使ってくれる人がもしかしたら減ったかもと思ってます。使ってくれてたら嬉しいです。前日の公開になってしまって申し訳ないです。

nitokfesta2018.github.io

来年以降の為にサイトを残したい気持ちがあったので、学生主事からの許可も貰えて、ちゃんと形式に乗っ取って公開できる形になって良かったです。

予定が大幅に狂った

予定では、

2週間前にいったんサイトを提出する→公開される→実際に使ってもらって出てきた問題点を直しつつ、まだ来ていない情報が来たら載せる→1週間区切りでサイトの更新をする

だったのですが、実際は

2週間前にサイトを提出する→検閲に引っかかる→公開されない→1週間前になり提出する→担当教員と連絡が取れないので許可が下りない→2日前になってやっと公開される→サーバに繋がらない

だったので、モチベーション保つことに必死でした。

1か月前にある程度雛形作っておけば、ギリギリに情報が来てもぱっと載せられて、みんなハッピーだったと思います。計画力不足です。

他に、実行委員との擦り合わせというか、話し合いが足りなかったなと感じます。

要件定義をちゃんとしよう

実行委員の方と要件定義をしてないせいで後半の方が辛くなってしまったので、要件定義をちゃんとしてからモノを作ろうと思いました。

 

2週間前に提出したときは、

・パンフレットの注意書きをサイトに載せること

・スポンサーを載せること

が学校側の検閲に引っかかりました。スポンサーは元々の予定に入っていたからいいのですが、パンフレットの注意書き載せることを、2週間前切った時期に言われたのは辛かったです。メニューバー追加したらいいのかもしれませんが、そんなの追加したところで誰も見ないし、載せるところとデザインにちょっと困りました。

最初から最低限載せてほしい情報に入っていれば考慮できたことだと思うので、要件定義はちゃんとしたかった気持ちが無限大です。

情報の風通し

情報の伝え方って難しい。

今回の私の立ち位置が、相方が各局長と連絡を取り合って情報収集してるのを、指くわえて待ってる感じでした。そのために伝え漏れがたくさんあったように思います。

その中には、局長同士でも状況がわからないから何も言えないみたいなものがあって、気持ちが無理になってしまったタイミングもありました。

個人で情報収集が出来たのは、相方が局長に友人が多かったから出来たことな気がして、実際、去年私と同じような立ち位置で関わった人の話を聞く限りそんな感じがします。

やっぱりLINEは業務用連絡ツールではなさそうです。Slack導入検討を頼みたい。弊学は情報系とは全く持って無縁な学科の方も居るので、無理ならLINEで局ごとの名前を付けたグループを複数作って、実行委員全員&関係者(サイト制作者、ポスター担当者など)もそこに入れて情報交換してほしいと思います。

 

まとめ

私は実行委員会に所属していない、何でもないただの一生徒として関わらせて頂いたので、勝手が分からずに言ってしまっている面もあると思います。反面、例年生徒へのアンケートなどもないので厳しいなーという気持ちで記事を書きました。

今回、制作者側のサイトへの気持ちと、実行委員のサイトへの気持ちに温度差を感じてしまって虚無になりました。そこの擦り合わせが出来ていれば良かったなと反省しています。空回りした感じが否めません。対応の細かい点で、仕事への信頼は簡単に失われてしまうことを体感しました。

高専祭は楽しいものでした。単純にサイト制作の面に関して辛い対応をされたなというのが正直な感想です。

来年のサイト制作者が楽しく作れますように。